2010年05月31日

<米軍岩国基地>新滑走路の運用開始 厚木の59機が移転(毎日新聞)

 米軍岩国基地(山口県岩国市)で29日、新滑走路(長さ2440メートル、幅60メートル)の運用開始式があった。旧滑走路(同)から1キロ沖側を防衛省が埋め立て米軍に提供した。騒音軽減と市街地への墜落防止を求める市民の「悲願」と言われ続けたが、在日米軍再編に伴い厚木基地(神奈川県)から移転する空母艦載機59機などの「受け皿」となる。12年度に再開予定の民間空港としても使われる。

 開始式で、ルース米駐日大使は「緊密な日米関係の目に見えるシンボル」とたたえた。

 基地東側海面を約213ヘクタール埋め立てた。97年6月着工、総事業費約1600億円で05年度の完成を見込んだが、01年3月の芸予地震で埋め立て地の大規模な液状化現象が起き、総事業費は約2500億円に膨らんだ。旧滑走路では、北側の工場群を避けるため、米軍機は離陸後、急激に右旋回し、エンジン噴射口を市街地に向けて爆音をまき散らしていた。【大山典男】

<山田宏氏>参院選比例代表に立候補へ 杉並区長を辞職(毎日新聞)
<野口聡一飛行士>ISSで会見 「あと2〜3カ月大丈夫」(毎日新聞)
民家火災で女性の遺体 千葉・富津(産経新聞)
子ども・子育て白書を閣議決定 異例の通称変更で「少子化」消える(産経新聞)
雑記帳 眺め好評で非常階段を一般開放 神戸ポートタワー(毎日新聞)
posted by ウラヤマ コウジ at 19:58| Comment(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

小川直也も谷亮子出馬を批判 政治と柔道の両立「絶対に無理」(J-CASTニュース)

 ロンドン五輪金メダルの目標に加え、参院選挙にも民主党から立候補することを表明した柔道女子の谷亮子選手(34)に風当たりが強まっている。プロレスラー・総合格闘家の小川直也さん(42)が谷選手を「社会常識からは離れてるわな」と断罪したのだ。

 小川さんはバルセロナ五輪(1992年)の銀メダリスト(柔道95キロ超級)で、柔道界では彼女の「先輩」に当たる。

■「社会常識からは離れているわな」

 小川さんは、「東スポWeb」で連載中のコラム「暴走☆レッドゾーン」(2010年5月16日夕)で谷選手の参院選立候補に触れた。柔道の強化選手の先輩として「ちょっといただけないな〜」と出馬に疑問を呈した。政治とトップレベルの柔道の両立は「絶対に無理、無理」と手厳しい。「補助金頂いて柔道させてもらっている…っていう意識はないのかな」とも指摘し、「暴走王のオレが言うのもなんだけど、社会常識からは離れているわな」と批判した。自身にも以前立候補の誘いがあったが「丁重に断らせてもらったよ」とも明かしている。

 「ヤワラちゃん」の愛称で親しまれ、国民的人気選手の谷選手だが、今回の参院比例代表への立候補に対する風当たりは厳しい。谷選手は2人の子供の子育て中でもある。スピードスケートの五輪銅メダリストで、議員当選後も自転車競技で五輪に出場した自民党の橋本聖子参院議員も「2足のわらじ」について、「どちらの世界も傷つけていたのかと思うと、私自身も傷ついた」と語ったという。

 「週刊現代」最新号(5月29日号)も、「センセイでも金? 不真面目にもほどがある 谷亮子と小沢一郎 国民をなめきった立候補」の見出しで、政治評論家らの批判の声を伝えている。記事によると、民主党選挙対策委員長の石井一参院議員も谷選手の立候補について「政治はそんな生易しいものじゃない」と「たしなめ」たが、小沢幹事長が宥めて立候補に至ったのだという。

■アッコ「有権者もなめてると思われる」

 谷選手の立候補についてはほかにも、柔道全日本男子の篠原信一監督が「柔道も政治もそんなに甘いものじゃない」と苦言を呈したり、千葉県の森田健作知事が5月12日に「ハードな議員活動をやりながら実際(金メダル獲得)できるのか」と疑問を投げかけたりしている。歌手の和田アキ子さんも15日のラジオ「アッコのいいかげんに1000回」(ニッポン放送)で、「政治もなめてる、柔道もなめてる、有権者もなめてると思われる」と、親交がある谷選手を心配していた。

 ポータルサイト「ライブドア(livedoor)」が5月10日夜から実施している、谷選手の民主党からの出馬に期待するかどうかを問う2択の質問への回答をみると、17日昼過ぎ現在(参加3万1906件)、「期待しない」94.2%、「期待する」5.8%という圧倒的な差がついた結果になっている。


■関連記事
谷亮子の「五輪、子育て、議員」 「3足のわらじ」に批判相次ぐ : 2010/05/11
小沢幹事長と創価学会接近説 参院選後に「民主-公明連立」? : 2010/03/03
環境団体から「くい打ち方式NO」  「逃げ道」ふさがれた鳩山首相 : 2010/05/14
水温に応じて水の色が変わるシャワー???  : 2010/05/14
中国人OLは日本の「ガラケー」がお気に入り : 2010/05/16

理解得られる解決策探る=和解協議入りでコメント―長妻厚労相(時事通信)
<H2Aロケット>「あかつき」の打ち上げ延期 悪天候で(毎日新聞)
供述調書作成せず=大久保元秘書、約4時間聴取―東京地検(時事通信)
「みんなが顔を見るぞ」と脅し 性犯罪、被害者保護に課題 (産経新聞)
薬物犯罪、目立つ地域格差 国際空港を管内に抱える地裁に起訴集中(産経新聞)
posted by ウラヤマ コウジ at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月19日

大阪・西淀川の2人刺殺容疑 マンション住人の男逮捕(産経新聞)

 大阪市西淀川区歌島のマンション一室で、男性2人が刺殺された事件で、府警捜査1課と西淀川署は15日未明、殺人容疑で、この部屋に住む無職、矢野裕一容疑者(44)を逮捕した。同課によると、「向こうが自分の命を狙っていたので、やられる前にやるつもりだった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は14日正午ごろ〜午後5時10分ごろまでの間、ともに住所・職業不詳の真鍋英士さん(37)と稲塚和広さん(41)の胸や背中などを、自宅にあったペティナイフ(刃渡り十数センチ)で刺し、出血多量で殺害したとしている。

 矢野容疑者は2人について「顔見知りで、部屋に招いたらトラブルになった」などと説明。真鍋さんの傷は20カ所近く、稲塚さんの傷は10カ所近くに上っているという。

【関連記事】
遺体から睡眠導入剤検出、同成分の薬押収 大阪袋詰め事件
自宅差し押さえの掛布氏に厳しい判決 借金訴訟で控訴棄却
職員パス乱用でキセル三昧 “脱線”鉄道マン衝撃の手口
美女のパンスト持ち去る奇妙な詐欺 犯行の一部始終を直撃
経理女性3億2400万円横領、使途は本当にアレだけ?

11年に選挙制度改正―参院専門委=次々回から適用(時事通信)
小児の頻脈性不整脈の効能・効果の追加承認を取得―エーザイ(医療介護CBニュース)
夕張メロン 初競り 夏の味覚に2玉150万円 (毎日新聞)
元公認会計士を逮捕=30億円横領容疑―警視庁(時事通信)
「乗合来店型」で賢く保険選び 数社で比較可 中立的なアドバイス(産経新聞)
posted by ウラヤマ コウジ at 13:12| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。