2010年02月19日

<人権活動家>上海に到着、入国許可される(毎日新聞)

 【上海・鈴木玲子】中国政府に帰国を拒否され、抗議の意思を示すため約3カ月間、成田国際空港の制限エリアに滞在した上海の人権活動家、馮正虎(ひょう・せいこ)氏(55)が12日、上海の浦東国際空港に到着し、入国を許可された。同日夕、自宅に戻った馮氏は報道関係者を前に「戻れてうれしい。(自分の国に戻ることは)中国人の最も基本的な権利だ」と話した。

 空港には馮氏の支援者や報道関係者が集まったが、馮氏は当局によって通常とは別の出口から出され、当局の車で自宅に送られた。自宅付近には当局者が待機し、自宅前に監視カメラが設置されるなど緊張が漂った。

伊丹発JAC機、通信装置に雑音で目的地変更(読売新聞)
若者の心理をつく“マルチのカリスマ”らの巧妙手口(産経新聞)
小児がんのQOLを考えるシンポジウム 21日に大阪で(産経新聞)
舛添氏と4月に旗揚げ? 鳩山弟の新党構想(J-CASTニュース)
「意図的な虚偽報告ない」を撤回=会見発言は誤解−石川議員が談話(時事通信)
posted by ウラヤマ コウジ at 06:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。