2010年02月07日

「妊娠、中絶させた」振り込め詐欺で被害500万円 さいたま(産経新聞)

 4日午後9時ごろ、さいたま市西区の無職女性(60)が、「振り込め詐欺の被害にあい500万円振り込んだ」と大宮西署に通報した。

 同署の調べでは、1月18日午前10時ごろ、女性宅に長男(34)を装った男の声で「交際中の女性を妊娠させ中絶させた。弁護士費用を振り込んで」などと電話があり、信じた女性は指定された口座に80万円を振り込んだ。

 その後も、「慰謝料が必要」などと電話が続き、女性は2月3日までに5回にわたって計500万円を振り込んだ。

 4日に長男と連絡が取れ、被害に気づいた。

【関連記事】
「女子高生を妊娠させた」ニセ60代弟が80代兄だます
“離活”相談1300万円詐取、容疑の41歳男逮捕
桑田真澄さんの元義兄を詐欺容疑で逮捕
結婚サギ女がドンペリ豪遊、ミナミで見せた素顔
中高校生のころから羽振りよさ見せ…婚活サギ女の素顔

通天閣 恒例の「福豆まき」…ゲストに橋下知事(毎日新聞)
<缶飲料>岐阜産使い「静岡茶」表記…製造会社を行政指導(毎日新聞)
6法科大学院に改善要請 文科省 京大、東大は人数超過(産経新聞)
09年交通死、高齢者が49%=「乗車中」「ベルトなし」大幅減−警察庁(時事通信)
<裁判員裁判>初の危険運転致死罪、被告に懲役14年 千葉(毎日新聞)
posted by ウラヤマ コウジ at 12:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生徒と交際、校内でキス=中学教諭を懲戒免職−横浜市(時事通信)

 横浜市教育委員会は5日、同じ学校の女子生徒と交際し、校内でキスするなどしたとして、市立中学校の20代男性教諭を懲戒免職にしたと発表した。教諭は「教員の立場でありながら、自覚が足りず申し訳ない気持ちです」と反省しているという。
 市教委によると、教諭は昨年、生徒から好意を寄せる手紙を受け取り交際。同年11月から12月の間、校内で3回生徒を抱きしめ、うち1回はキスをしたり体を触ったりしたという。 

【関連ニュース】
覚せい剤で起訴の警部補を免職=「数回使用」「後悔している」
鞍手町元職員、公金着服で追送検=「ギャンブルに1日400万」
「裁判所決定無視」と職員=阿久根市給与訴訟で結審
短大生監禁、巡査ら起訴=県警が懲戒免職
25歳巡査を懲戒免職=女子大生にわいせつ行為

脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話−警視庁(時事通信)
小沢氏、刑事責任なら「非常に責任は重い」(産経新聞)
長男殺害、両親に実刑=裁判員「知的障害に支援必要」−さいたま地裁(時事通信)
<着服>司法書士が「過払い金」、和解書改ざんし 富山(毎日新聞)
ブロンズ像に94億円! ジャコメッティの作品、史上最高額で落札(産経新聞)
posted by ウラヤマ コウジ at 01:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。