2010年02月04日

木島容疑者、食事とり落ち着いた様子 調べには黙秘(産経新聞)

 殺人容疑で逮捕された木島佳苗容疑者(35)は、勾留(こうりゅう)されている県警川越署では3食ちゃんと食事をとるなど、落ち着いた様子だという。一方、調べに対しては、平成21年9月の逮捕当初は詐欺容疑を認めていたが、10月に事件が報じられると一転してほぼ黙秘するようになったという。

  [イメージで見る]木島容疑者と死亡した男性たちとの関係

 捜査関係者は、川越署の女性専用の留置場に勾留中の木島容疑者について「おとなしいというのが一番の印象。度胸があるというか、食事は普通に食べている」と明かす。暴れたり、看守とトラブルを起こすこともなく、睡眠も十分にとれているようだ。

 一見、ふてぶてしいようにも映る木島容疑者。ただ、マスコミへの露出には神経質になっている様子だ。

 これまで、殺人以外の詐欺容疑などで6回逮捕されているが、送検時に木島容疑者は、待ち受ける報道陣のカメラの列を避けるように顔をカーディガンで覆っていた。捜査関係者によると、木島容疑者はカメラに写されることのない署内でも、顔をしっかりと隠していたという。

 「木島容疑者は仏さん(被害者)の顔は見ていないだろう。殺人を犯した実感はないんじゃないかな」。ある捜査関係者はこうつぶやいた。

【関連記事】
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント 結婚詐欺・連続不審死
「尽くします」メールは同一文面 木島容疑者、手当たり次第に送信
ほかにも3人不審死 木島容疑者の関与を慎重に捜査
結婚詐欺の木島容疑者を殺人容疑で再逮捕 
結婚詐欺・連続不審死 木島容疑者を送検 カーディガンかぶり表情うかがえず

「橋下党」今春にも結成…大阪府市再編支援(読売新聞)
首都圏で今週2度目の降雪 埼玉では雪化粧も(産経新聞)
平均保険料9.34%に引き上げ=都道府県別料率を了承−協会けんぽ(時事通信)
<薬事法違反>容疑でタミフル輸入代行業者ら逮捕(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>ブラジル人の携帯 遺棄車内から(毎日新聞)
posted by ウラヤマ コウジ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

千葉「正論」懇話会 田久保忠衛氏講演「日米同盟は最大の危機」(産経新聞)

 千葉「正論」懇話会の第31回講演会が1日、千葉市美浜区のホテルニューオータニ幕張で開かれ、外交評論家で杏林大客員教授の田久保忠衛氏が「日米同盟の危機にどう対応すべきか」をテーマに講演した。

 田久保氏は米軍普天間飛行場移設問題について「米国は国際的な取り決めだからキャンプ・シュワブ以外はだめだと1ミリも譲っていない。日米関係は最大の危機を迎えている」と指摘。政府の移設先の結論を5月末までに出す方針については「日米関係を修復するには名護に持っていくしかないのに鳩山由紀夫首相はまだ『ゼロベースでやる』という。日本の運命がかかっているのだから正面突破する以外にない。その度胸がなければ鳩山さんはのたれ死にして辞めるしかない」と語った。

【関連記事】
名護市長選 米主要紙も一斉報道したその内容とは…
鳩山首相は足利義政か 問題を先送りする優柔不断さ
「日米同盟維持へともに努力」 米国務副長官 
【主張】施政方針演説 国益守る決意なきは残念
「中朝は依然脅威、日米同盟は地域安定に不可欠」 駐日米大使が講演

<神経細胞>皮膚から作成、「万能細胞」使わず 米国(毎日新聞)
パトカー同士の衝突、警官2人を不起訴(読売新聞)
首相、「闘って」発言撤回せず=2次補正が審議入り−参院予算委(時事通信)
珍し過ぎて食べられぬ…兵庫・香住漁港に「リュウグウノツカイ」(産経新聞)
「普天間」打開へ直談判 米国務次官補 小沢氏の腹探る(産経新聞)
posted by ウラヤマ コウジ at 09:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。